【山佐屋】三陸わかめをはじめとする海藻専門メーカー|三陸産・岩手産・鳴門産などの国産、中国産・韓国産取り扱い

会社概要

当社は、<魅力ある製品づくり> をモットーに、最良の三陸産わかめ販売を行なっております。最も美味しい収穫時期の三陸産・にく厚わかめを、さらに選別し、最良の品をお届けします。

社名株式会社 山佐屋
創業昭和21年8月1日
会社設立昭和50年1月7日
資本金2,000万円
所在地本社事務所
美里工場(FSSC22000認定工場)
〒367-0101
埼玉県児玉郡美里町大字小茂田394番地1
本庄支店
〒367-0021
埼玉県本庄市東台3丁目3番11号
役員代表取締役社長  岡 孝雄
専務取締役  岡 憲一
取締役  岡 妙知江
監査役  柿沼 光男
事業内容全漁連わかめ入札指定商社
海藻類製造卸
(わかめ・昆布・ひじき・もずく等)
取引銀行群馬銀行 本庄南支店
埼玉縣信用金庫 本庄支店
武蔵野銀行 本庄支店
埼玉りそな銀行 本庄支店
足利銀行 本庄支店

沿革

昭和21年8月初代、岡孝之が埼玉県本庄市において、岡栄養化学研究所を設立、合成醤油・甘味料等の製造を開始。
昭和38年7月名称を山佐屋商店とし、ごま袋詰製品の製造卸売業を開始。
昭和46年3月わかめ製造工場を、宮城県石巻市に建設、わかめの製造を開始。
海藻業界に進出し事業拡大を図る。
昭和50年1月有限会社山佐屋食品設立(資本金1千万円)、代表取締役に岡博之就任。
昭和53年7月本社工場において製造態勢の強化と設備の合理化を計るため、事務所兼工場を新設する。
昭和61年5月石巻市に工場用地を買収。わかめ製造部門の拡充を図る。
昭和61年9月有限会社山佐屋食品の資本金を2千万円に増資。
平成3年4月有限会社山佐屋食品の組織を変更し、株式会社山佐屋を設立する。
平成5年2月宮城県石巻市に宮城出張所を建設。
平成21年4月美里工場竣工。
平成27年10月埼玉県美里町に本社移転
平成27年12月美里工場にてFSSC22000認証取得

取引先

  • マルハニチロ株式会社
  • ニチモウフーズ株式会社
  • 株式会社ベニレイ
  • 株式会社マルイチ産商
  • 株式会社ショクリュー
  • JF全漁連
  • 徳島県漁連
  • 岩手県漁連
  • 宮城県漁連
  • 公益財団法人埼玉県学校給食会
  • JA全農
  • 株式会社エーコープ関東
  • 常洋水産株式会社
  • 千代田水産株式会社
  • 築地魚市場株式会社
  • 柏魚市場株式会社
  • 茨城水産株式会社
  • 株式会社埼玉県魚市場
  • 株式会社宮市
  • 株式会社いわき中水
  • 仙都魚類株式会社
  • 株式会社弘前丸魚
  • 高橋水産株式会社
  • 丸水札幌中央水産株式会社
  • 株式会社キョクイチ
  • 他 地方市場・問屋

海藻専門メーカー
全漁連わかめ入札指定商社
株式会社山佐屋

本社/美里工場
〒 367-0101
埼玉県児玉郡美里町小茂田394番1


1年間かけて食品安全システムを構築しました。
2015年12月 美里工場取得
PAGETOP
Copyright © 株式会社山佐屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.